Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

アムステルダムで絶対外せない!おすすめ観光スポット11選

      2016/12/19



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




観光客がオランダ旅行で必ず訪れる場所が、オランダの首都「アムステルダム」

アムステルダムはオランダ観光の中心地であり、見逃せないおすすめスポット盛りだくさん!

私の友人が日本からオランダへ遊びに来てくれる時にも、アムステルダムには必ず訪れ、アムステルダムのさまざまな観光場所に連れて行きます。

そこで今回は、「アムステルダム旅行で絶対に外せない、必須のオススメ観光スポット11選」をまとめて紹介したいと思います♪

 

1. アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal Station)

日本の東京駅のモデルになったと言われている、アーチ型の美しい赤レンガのアムステルダム中央駅。

ゴシックとルネッサンス様式を融合して設計され、歴史を感じる風情ある建物です。

駅前には観光案内所があり、日本語のガイドブックも手に入りますよ♪
アムステルダム中央駅(Amsterdam Centraal Station)

 

2. ダム広場(De Dam)

ダム広場はまさにアムステルダムの中心地。

かつてアムステル川をせき止めたダムがあった場所であり、アムステルダムの中心マーケットとしても機能していたのだとか。

ダム広場には、王宮や新教会、カフェやデパートなどがずらりと立ち並び、待ち合わせ場所としても有名なので、昼間は常に観光客で賑わっています。

ダム広場(De Dam)

By Michielverbeek

 

3. 王宮(Het Koninklijk Paleis)

ダム広場の西側にそびえ立っている、王宮。

現在に至っても、オランダの王家が重要なゲストを招く際にこの王宮を使用しています。

広場にどっしりと構える石造りの豪華な王宮は圧巻ですよ~!
王宮(Het Koninklijk Paleis)

 

4. アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)

アムステルダム旅行の際に必ず訪れてほしいのが、アムステルダム国立美物館。

オランダ最大の作品数を誇る国立美術館では、 レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など、17世紀黄金時代の傑作絵画を多数所蔵しています。

ここへ来れば、オランダという国が美術分野で世界超大国になった理由が分かるはず!

改装工事のために10年もの長いあいだ閉館され、2013年4月よりようやく入館できるようになったこの美術館は、常に長蛇の列で混み合っています。

時間に余裕のある方は、事前にオンラインでのチケット購入をお勧めします。

ちなみに、国立美術館の広場にある「I amsterdam」というジョークまじりのカラフルな巨大モニュメントと一緒に、記念写真を撮ることもお忘れなく♪
アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum Amsterdam)

 

5. アンネフランクの家(Anne Frank Huis)

『アンネの日記』で有名なアンネフランクが、第二次世界大戦中にナチスから隠れて実際に住んでいた家が、実はアムステルダムに今もなお存在しています。

アンネ一家が実際に生活していたそのままの状態をできるかぎり残して公開されており、当時の様子が痛いほど伝わってきます。実際に訪れた時の様子はこちら
アンネフランクの家





 

6. ハイネケン エクスペリエンス(Heineken Experience)

世界的に有名なオランダのビール「ハイネケン」の体験型ミュージアム。

ハイネケンの歴史を学びながら出来立てビールを自分自身で作って試飲も出来て、とにかくフレッシュで美味しくて楽しいです!

特に、突然水が出てきたり匂いを感じたり激しく動いたりとかなりアクティブな4Dアトラクションに乗れたのも面白かったです^^

実際に訪れた様子についてはこちらの記事にて紹介しています。
ハイネケン エクスペリエンス(Heineken Experience)

 

7. ゴッホ美術館(Van Gogh Museum)

日本でも「ゴッホ」という名で有名な、オランダ出身の画家ヴィンセント・ファン・ゴッホが描いた700点以上の作品が、ここゴッホ美術館に保存されています。

彼の作品は、生前にはほとんど認められず、1点の作品しか売れなかったというのだから驚きです。

ゴッホの作品をまとめて鑑賞できるゴッホ美術館は、国立美術館と同じく終日混み合っているため、こちらもオンラインのチケット購入をおすすめします。
ゴッホ美術館の外観

 

8. シンゲルの花市マーケット(Bloemenmarkt)

運河沿いに数多くの花屋さんが集結し、チューリップをはじめ様々な種類の花や球根が売られているというオランダらしい光景を見れる場所が、シンゲルの花市マーケットです。

花の国オランダならではのたくさんの美しい花々を観賞し、オランダ気分を存分に味わってみてください♪

ちなみに、お土産で球根を購入する際には、検疫済みの商品であるかを必ず確認してから買うよう注意が必要です。
シンゲルの花市マーケット(Bloemenmarkt)

 

9. マヘレの跳ね橋 (De Magere Brug)

アムステルダムは別名、水の都。

そのため、アムステルダムの街のあちらこちらで多くの運河や橋を見ることができます。

その中でも一際美しい外観として世界に知られている橋が「マヘレの跳ね橋」。

運が良ければ、船がここを通る際に橋が2つに分かれ運河の道が開かれる瞬間を見れるかもしれませんよ♪

また、夜のライトアップもロマンチックで素敵です。
マヘレの跳ね橋 (De Magere Brug)

 

10. 運河クルーズ

自分自身の足で歩きいろいろ見て回った時の様子とはまた違って、水上から見るアムステルダムの街の景色や雰囲気はこれまた素晴らしいです。

クルーズなら街全体をぐるっとまとめて眺めることができるので、実際に歩き始める前や、休憩がてらなど、うまく利用するタイミングを選んで利用してみてください!

夜にはちょっと豪華なディナークルーズもあります♪
アムステルダム運河クルーズ

 

11. 可愛い風車村「ザーンセ・スカンス」(Zaanse Schans)

アムステルダムからバスで約40分ほど先のところに位置する、12基の風車がまとまって集結している風車村「ザーンセ・スカンス」。

アムステルダムの中心街では見ることのできない、オランダのイメージにぴったりな風車風景や街並みがこの村には広がっています。

アムステルダム観光の際には少し足を延ばして、ザーンセスカンスにも是非訪れてみてください(ザーンセスカンス村に実際に訪れた様子はこちら
「ザーンセ・スカンス」(Zaanse Schans)

 

いかがでしたでしょうか?
アムステルダム観光の際には、是非参考にしてみてください~♪

 


    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 観光

  関連記事