Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

個人事業主としてオランダで家探しを行う方法【参考サイトと注意点まとめ】

  2017/01/21    



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




オランダへ移住される方々にとってまず気になることの一つが、「家探しに関する情報」だと思います。

特に個人事業主として移住する場合は、収入面での信頼性の問題からオーナーとの物件契約に結びつけることがさらに難しくなりがちです。

そこで今回は、私自身の経験や日々サポート業を行う中でお客様から頂いた情報をもとに、オランダにて個人事業主となる予定の方々が家探しをする際に役立つ情報についてまとめていきたいと思います。

 

個人事業主が住居を借りるためには?

通常、オランダに観光90日間で滞在している段階(居住許可の申請前)から家を借りることができます。

ただし、個人事業主は継続した収入があるとは限らないため、自分が借りたい物件に何人もの入居希望者が他にいる場合は、契約に結び付けることが不利になりがちです。

そのため不動産会社や物件オーナーから確認される内容や求められる書類も増えます。

以下、物件契約時に実際に質問される可能性の高い内容の一例を紹介します。

・オランダ国内にすでに住所があるかどうか?
・居住許可の取得はどのように・いつ取得できるのか?
・今後どのように収入を得ていく予定か?
・敷金(デポジット)は現金で3-6ヵ月分まとめて支払い可能か?
・日本の銀行の預金残高証明書を用意できるか?

上記のような質問は高い確率で聞かれます。

そのため相手との話し合いの中で納得してもらうよう仕向ける必要があります。

どうしても収入面で心配されてしまうようであれば、契約期間分(契約期間は半年・1年など物件によって異なります)を一括で前払いすることで納得してもらうという方法は、現地でよく取る最終手段です。

また、入居先の住所が市役所にて住民登録が可能なところであるかを確認しておく必要もあります(住民登録ができないと居住許可取得までの一連の手続きが行えないため)。

基本的には4か月以上の物件契約を結んでおり、オーナーとの契約書(署名入り)が手元にある場合は市役所にて住所登録可能です(心配な方は必ず居住地の市役所にて確認をしましょう)。

尚、自宅をオフィスとして利用する場合は、オランダ商工会議所にて会社登録の際、入居住所を登録する旨をオーナーに伝え、了承を得ておく必要もあります。







 

家探しの方法

以下のような賃貸物件サイトを使って物件探しを行い、不動産会社やオーナーにコンタクトを取る形が一般的です。

実際に物件契約できた現地移住者の方々から教えて頂いたサイトも載せています(不動産サイトの信頼性は各自で判断の上ご利用下さい)。

funda

オランダにある住宅検索サイトの中で最も人気。検索はすべて無料です。売り物件と賃貸物件の両方が掲載されています。最新の住宅空き情報を提供している点や、検索時の条件フィルターの豊富さ、それぞれの物件に関する情報量の多さ、サイトの見やすさなど、すべての点で好評価。サイトは基本的にオランダ語ですが、住宅情報については英語で確認可能です。 HPはこちら

pararius

主に賃貸物件を掲載する住宅検索サイトとして有名です。検索は基本的に無料(一部有料あり)。ショートステイ物件も多数あります。サイトは英語対応なので探しやすいですが、上記サイト"funda"に比べて物件の情報量が少ない傾向にあります。 HPはこちら

Student Hotel

「Student Hotel」という名前がついていますが、学生以外も使用OKです。最大1年まで住むことができ、4か月以上の滞在なら市役所で住民登録も可能。HPはこちら

Kamernet

こちらは現地に個人事業主として移住された方々に教えて頂いたサイト。大家に連絡を取りたい場合は有料プランを選択する必要があります(15日ごとに19ユーロ・支払いは自動更新)。ただし、こちらのサイト内にて外国人移住者を狙った悪質なオーナーも紛れているようなので安易な契約は行わないように気を付けてください。(HPはこちら

Expatrentals

外国人居住者向けのヨーロッパ賃貸物件サイト。オランダの賃貸情報も載っており、英語表記のうえに写真が見やすく探しやすいです。HPはこちら

WijksteunpuntWonen

アムステルダムにて物件を探す際にはこのサイトまたはオフィスに相談に向かうことが可能です。不動産に関する質問・注意点等はここですべて相談できます。HPはこちら

marktplaats

オランダの総合掲示板サイト。ここに賃貸物件も紹介されています(オランダ語で貸出物件はte huur、売り出し物件はte koop)。該当ページはこちら

FACEBOOKページ

現地の物件情報がシェアされているフェイスブックのコミュニティーを利用することも一つの手です(FACEBOOK内で検索すると複数見つかります)。

 


注意すべきポイント

・賃貸サイトによっては、既に借りられた物件が残っている場合もあるため、物件を掲載している不動産会社に電話をしたり直接訪問して確認することは必須です。ただし、メールだと返信が遅かったり無い場合も多いので、現地にて直接不動産会社に赴き物件下見をどんどん予約していく形が物件契約までの近道です。オーナーや不動産会社係員と直接対面で交渉する方が断然スムーズに進みます。

・デポジット金や家賃支払いの際、現金対応や銀行振り込みなど不動産会社によって異なります。支払い手段に困らないように、あらかじめ確認しておくことをオススメします。

・築年月が古い家は、いくら治安や環境が良くても物件に問題がある可能性があるので要注意です。たとえば、玄関の鍵の具合や壁のヒビ、カビ、ラジエーターがきちんと機能しない、トイレの故障、隣人の騒音など。物件が決まって契約をする前に、必ず実際の物件まで足を運び、家の内外をきちんとチェックしておくことは大切です。

・オランダは移民が多い国。場所によっては警察沙汰になるほどの事件が頻繁に発生している危険区域もあります。そのため、家賃や売買価格が低い地域にはそれなりの理由があると思っておいた方が良いでしょう。値段だけで決めず、地域の特徴などもきちんと調べておくと安全です。

 

困ったときに役立つ機関

大家さんとトラブルになった時の相談や、家賃の適正価格への法的交渉等の手助けを無料で行う公的な法的援助機関「Huur Commissie」があります。いざという場面で利用できるように載せておきます。

オランダで家探しをされている方の少しでも参考になれば幸いです。

※その他オランダで個人事業主となる方々に役立ちそうな情報をnoteマガジンにアレコレまとめてますので、ぜひご参考までに^^





    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 01. オランダ移住, 居住許可, 役立ち情報, 生活

  関連記事