Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

ノマドワーカーにおすすめ!オランダの作業がはかどるスポット5選

  2017/01/21    



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




 

最近はどこでも聞くようになった「ノマドワーカー」という言葉。

パソコン1台あればどこでも仕事が出来るようになった時代の今、1つの職場に毎日通勤するのではなく、自宅やカフェなど場所にとらわれずに働くワークスタイルをもつ人が増えています。

私もオランダ移住後はいわゆる「ノマドワーカー」とやらものになり、自宅からカフェからいろんな場所を仕事場にする毎日。

仕事場所を選べる環境があるうえで、私が気を付けていること。

それは集中度コスパ

どこでも自由に働けるゆえに、自分自身の集中力を高めていかに効率的に作業できるかがとても重要になってきます。

時間を忘れるくらい集中できた時と、周囲に気が散ってしまった時とでは作業量も質も格段に違います。

そしてその場所に滞在する上でのコストパフォーマンスも大切なところ。

たとえ静かで集中できたとしても、その場所での滞在にかかる出費がかさむようであれば毎日通うのにはもったいない。たまにご褒美としてなら良いですけどね(笑)

というわけで今回は、オランダで作業がはかどる私のお気に入りスポットを5つ紹介します

尚、場所選びで大切な電源スポット(コンセント)・WIFIの有無や、集中度・コスパの評価を3段階で示しています。ご参考までに。

 


①オランダ鉄道が運営する待合室&カフェ「StationsHuiskamer」


StationsHuiskamer

コンセント:有(店内あらゆる場所にあるので心配無し)
フリーWIFI:有
集中度:★★★
コスパ:★★★

このカフェはオランダのNS鉄道が経営しています。コンセプトは「快適なリビングルーム」。

駅構内で電車を利用する人たちが快適に待つことのできるスペースを作る為にこの待合室とカフェを融合した施設を作ったそうです。

だから、何も購入せずに待合室として利用することももちろんできます。

フリーWIFIや充電できるコンセントがあることはもちろん、電車に乗り遅れないように電光掲示板まであるのだから本当に便利。

まったり長時間くつろげて、集中して作業もできる一番お気に入りのカフェです。

詳しくは下記の記事で書いてます。

 


②各都市の図書館&併設カフェ


オランダの図書館

コンセント:有
フリーWIFI:有(施設によって有料の場合あり。デンハーグ図書館は無料です)
集中度:★★★
コスパ:★★★

周囲の邪魔されずに思いっきり集中したいなら、やはり各都市にある図書館がオススメ。

オランダの図書館はどこもデザインが素敵で綺麗です。

しかも使用料無料で静か、コンセントも付いています。

その場であれば本も読み放題なので、勉強や調べものがある時にも使えます。

場所によってはカフェが併設されているので息抜きもしやすいです。

 

③待ち合わせにもピッタリ!まったりカフェ「DUDOK」
dudok

コンセント:有
フリーWIFI:有
集中度:★★☆
コスパ:★★☆

日によっては、読書などをしてまったりと過ごしたい、気を楽に作業したいという日もあるかと思います。

そんなときはオランダ各都市に展開されているカフェ「DUDOK」がオススメです。

天井が高く広いスペース、そしてリラックスできる雰囲気の良いDUDOK店内では、PCで作業をしている人や待ち合わせまでの時間を潰している人、読書専用スペースにてゆったりと時間を過ごす人など、人それぞれが時間の使い方を楽しんでいる様子が伺えます。

DUDOKはそうした自分の時間を楽しむお客様を大切にしているので、店員スタッフもしつこい接客や長時間滞在することへの口出しは一切なく、気さくに接してくれるので居心地が最高です。

天気の良い日にはテラス席の利用も可能なので、気分転換にも良いです。

DUDOKのさらに詳しい情報は下記の記事で紹介しています。






 

④複数グループで作業したいなら「LEBKOV」
lebkov

コンセント:有(場所によって無い場合も・・・)
フリーWIFI:有
集中度:★☆☆
コスパ:★★☆

アムステルダムやライデン、デンハーグ、ロッテルダムなどの都市にあるカフェ「LEBKOV」。

すべての店舗が駅近くに設置されているので、アクセスのしやすさが抜群です。

PCを持ち込んで作業している人や、打ち合わせをしている人たちをよく見かけます。

ただし、上記で紹介したスポットに比べると、LEBKOVでは混み合っていたり騒がしい時間帯があるので注意が必要。

そのため、来店者一人当たりの滞在時間もそんなに長くはありません。

2人以上の複数グループで話し合いながら作業する時や、相手との軽い打ち合わせをするときにオススメです。

LEBKOVの公式HPはこちら

 

⑤無料のコワーキングスペース「seats2meet」

seats2meet

コンセント:有
フリーWIFI:有
集中度:★★★
コスパ:★★★

オランダのコワーキングスペース、「seats2meet」。

このワーキングスペースはコンセプトがとても斬新。

オランダでは既に約90箇所ものseat2meetスペースがあります。

その人気の秘密は、ここのワークスペース使用料はすべて無料であるということ!(スゴすぎる!)

ただし、無料で使用できる代わりに以下のような条件があります。

それは、「自分のスキルや能力をその場でシェアすること」

サイトでのアカウント登録時に、自分のソーシャルキャピタルに関連したタグを共有します。例えば、「Marketing」や「Writer」「Programing」のタグなど。

もしも、このタグに関連する領域で話しを聞きたいワーカーが現れたら、それに答えればOK。

登録も簡単な上、カフェよりもずっと静かで集中できるので、仕事する上ではかなり好環境です。

場所によってはドリンクが飲み放題のところもあります。

気になる点は、彼らのビジネスモデルですよね。

「無料で使えるなら、どこで利益を出しているの?」って疑問が浮かびます。

その答えは、打ち合わせなどで使用したい人のためのミーティングスペースを設けていること

このミーティングスペース使用料でお金をとることによってビジネスが成り立っているようです。

オランダの個人スキルをシェアする空間、Seats2meet。

ノマドワーカーなら尚更、一度は使ってみてほしいスポットです!

Seats2meetの公式HPはこちら

 

⑥(おまけ):自宅の場合

オランダは天気がころころと変わりやすいので、雨が降っていたりすると外に出るのがかなり億劫になります。

それからお店が開店していない早朝や夜の時間帯は、やはりどうしても家で仕事する必要が出てきます。

そのため、自宅に集中できるスペースがあると無いとではやはり差が出るところ。

私は最近、近くのIKEAで29ユーロで購入したPCデスクによって仕事がはかどる環境づくりがやっと整いました。


うん、効果はやはり絶大。

やっぱり環境づくりは基本ですね。

作業のはかどる空間スペースを自分から積極的に作ることによって、自宅でくつろぎモードの自分に「集中!」と意識させることが出来ています。

 

以上、オランダで作業がはかどる私のお気に入りスポット5つとおまけ情報でした。

オランダ渡航予定の方々はもちろん、ノマドワーカーさんは特に参考にしてみてください^^

 





    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 01. オランダ移住, 04. 仕事術, 役立ち情報, 生活

  関連記事