Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

船全体がレストラン?!ロッテルダムの灯台船「 Vessel 11 」

      2016/04/05



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




 

こんにちは。
私はオランダに来てから、新鮮で美味しいオランダのムール貝にハマってしまい、週1ペースで食べています。
ムール貝がこんなに美味しいものだなんて、日本に居る時は恥ずかしながら知りませんでした(笑)
さて、今日はロッテルダムの運河沿いで見つけた、船一体がレストラン&カフェになっているという、おしゃれで美味しいオススメのレストランについて紹介します♪

 

ロッテルダムのBlaak駅から徒歩約5分。
運河沿いに赤くて大きな船が停泊しているところを発見!!
Vessel 11

 

船に近寄ってみると、美味しそうなフードメニューの書かれた看板が置かれており、中ではソファーやテラスでくつろぐお客さんの姿がちらほら。
どうやらこの船は1951年にイギリスで造船され、昔は灯台の役割を果たす船として機能していたのだとか。
現在はオランダで暮らすイギリス人オーナーの住宅として使用されています。

...って、みなさん、
「船」が「住居」ですよ!!(笑)

そうです、オランダ人は運河までをもうまく活用し、運河の上で家賃を払いながら暮らしているのです。
Vessel 11

 

この船のオーナーが、運河上にて船で暮らす居心地の良さをより多くの人々に知ってもらいたいという思いから、こちらのレストラン&カフェ「 Vessel 11 」をオープンしたそうです。
また、船のオーナーがイギリス人であることから、お店のメニューはすべてイギリス料理。店員さんもほとんどイギリス人だったので、オランダ語ではなく英語で接客をしていました。
店員さんはみんな優しく温かいおもてなしをしてくれ、誰かの家に遊びに来たかのような居心地の良ささえ感じました。
また、船は2階建てになっており、1階には厨房や貸切用のイベントステージが備えられています。船らしさを活かした細かいインテリアもとても素敵でした。
Vessel 11

 

そして注文したものは、冒頭にも伝えましたが(笑)、最近どっぷりハマっている「ムール貝」のイギリス風味!
も~う、病みつきでした☆現在オランダではムール貝がシーズンであるため、期間限定で提供されているメニューだそうです。
季節ごとに新鮮な素材を選んでメニューにしているそうなので、時期によって様々なメニューを楽しんでみるのも良いですね♪
Vessel 11

 

そして、イギリスの高級パブなどで有名な料理の「夏野菜とチキンのパイ包み」も頼みました。
これも、思っていた以上に美味しかったです!イギリスといえばフィッシュ&チップス、というイメージが強かったのですが、意外とメニューも豊富で美味しいものがあるんだな~と、いい意味でイギリス料理のイメージを覆されました(笑)
Vessel 11

 

お店を出るときには、店員さんみんなで笑顔で手を振って見送りをしてくれました。
美味しい料理、居心地のいい空間、温かく迎え入れてくれる店員さん。
久しぶりに素敵なレストラン&カフェを発見できて、大満足な一日でした!
ロッテルダム観光の際には、是非立ち寄ってみて下さい~♪

 

☆レストラン&カフェ「Vessel 11」
場所:Wijnhaven 101, 3011 WN Rotterdam
※Blaak駅下車、徒歩5分。
営業時間:水曜~日曜の12:00-26:00(※月・火は定休日)

 
 


    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 観光, 食べ物・飲み物

  関連記事