Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

起業による居住許可申請料が1279ユーロではない可能性(PART⑥)

      2016/06/30



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




//オランダ移民局からの「労働許可」制度変更のきっかけとなったオランダでの2016年6月21日に行われた裁判を起こした当事者は、私ではありません。//

前回の記事PART③でもお伝えした通り、起業による居住許可の申請料が1279ユーロではない可能性が出てきています。

こちらの件については、「日蘭条約に基づき支払い金額は53ユーロであるべきだ」という見解をする弁護士のもと、移民局に訴訟を起こしている段階です。

訴訟費用に関しては、弁護士側でもこの件を取扱いたいという意志があるため、特別に167ユーロ(裁判所手数料)のみで対応して頂いてます。

来週、弁護士の方から裁判訴訟をおこしてもらい、2ヶ月以内にこちらの件に関する調査が始まるとのことです。

実際にどういう結果になるかについては私自身も確かなことは言えませんが、

もしこの件で裁判に勝てると、私がすでに支払った移民局への居住許可申請料、そして今回支払う167ユーロの払い戻しがされるそうです。

そして今後同じ申請で来られる方の申請料が53ユーロに変更されるということです。

 

居住申請料の1279ユーロが53ユーロであったとしたら、ただでさえハードルが低かったオランダ起業が、資金面でもさらに挑戦しやすくなることは間違いありません。

ただ個人的な意見ではありますが、移民も増えているオランダで、政府がこの法律を昔と同じ条件(日蘭条約)にてずっと門戸を開いたままにするとも正直思えません。

まあ、法律が変わるのには最低でも1年~3年はかかるとは思いますが。

この先どういった形になるのか、興味深いです。

また進展があれば、報告したいと思います。

※追記
「オランダの個人事業主として自分で居住許可を取得する方法&詳しい解説付き」について、note記事にまとめて公開しています。

noteマガジン「オランダ個人事業主の日常あれこれ(手続き・豆知識・お得情報)」も販売中!

是非参考にしてみて下さい!


人気記事ピックアップ


「海外で仕事がしたい」と希望する人が登録すべきおすすめの 海外就職 ・転職サイト

好きなことで稼ぎたいからこそ、「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

お知らせタイム


Skype相談、好評です。いつでもお待ちしております!(コンタクトはこちら)

「オランダ移住に関する手続きステップ・総費用まとめ」を詳しい解説つきでnoteに公開してます!

ブログ初訪問の方に!「はじめまして&私のプロフィール」

 


    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 居住許可

  関連記事