Mariholland

オランダの個人事業主。オランダの魅力や働き方、趣味について発信

Social

私が退職してまでオランダで海外生活をスタートさせた3つの理由

      2016/06/23



    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!




早いもので、オランダに住み始めてから3ヶ月が過ぎました。

日々いろんなことについてブログで紹介をしていますが、そもそもなぜ、3年間働いてきた航空関係の仕事を退職してまでオランダでの生活を始めたのか。

こういった質問を友人から受けたので、これを良い機会に、自分の頭の中に常にあった3つの理由をこの記事にまとめてみようと思います。

 

私が退職してまでオランダで海外生活をスタートさせた3つの理由

1. 自分の働き方への疑問

世界中から訪れる人々をもてなす国際空港で3年間働いてきた経験は、社会人マナー、接客、英語力はもちろん、他文化の理解や忍耐力、挑戦心、チームワーク力など、様々な面で私を何倍にも成長させてくれました。

しかし、代用のききやすい業務内容であるがゆえ、「自分がたとえ居なくてもこの職場(会社)は成り立っている」という自分の無意味さを感じる場面が徐々に見えてくる日々。

ただでさえ忙しいのに、業務以外の行事や残業といった「やらなきゃいけない」仕事も増える日々。

空港は24時間OPENであり、予期せぬ事態も日常茶飯事。イレギュラー対応や夜勤も当たり前です。

仕事を楽しめなくなっている自分に気づいてはいたものの、「仕事は辛いもの」、「楽しくなんてないものだ」と割り切ってしばらくは働いていました。

体力にだけは自信があった自分でしたが、勤務時間が異なる不規則な生活は正直本当に辛く、社会人3年目の夏ごろから膀胱炎や血尿、嘔吐を繰り返すことが次第に増えていきました。

仕舞いには医者からドクターストップ(しばらく休職すること)を言い渡されるまでに落ち込みました。

体を壊しかけた時に初めて、「これじゃ私の人生が台無しだ」と強く思い始めたのです。

 

2. 自分らしい人生を生きたいという気持ち

仕事の楽しさを失い始め、健康面での危機に遭遇した時、「自分は日本社会に適さないダメ人間なんじゃないか」と自己嫌悪になる日々もありました。

この状況をどうにか打破しようともがいた末、自分自身と真剣に向き合う時間を毎日10分でもいいので積極的に作ってみることにしました。

世の中の通念や当たり前とされていることなど、固定概念をすべて頭の中から取っ払った状態で、日々の中から自分と徹底的に向き合い考えていくうちに芽生えた気持ちがありました。

それは、

「好きな仕事で楽しく生きていきたい」

という単純な気持ちでした。

仕事は人生のほとんどを占める要素。

それなら我慢なんてせずに、好きな仕事で楽しく生きていく方がよっぽど楽しいし、より充実した人生が送れるのではないかと思い始めました。

人はみんなそれぞれ違うのだから、合わないのならば無理に我慢して続ける必要なんてないし、自分に合った環境にどんどんシフトしていけばいい。

しかし、こうした生き方に対して社会の見る目はまだまだ厳しいのが現実。

必死に就職活動をし頑張ってやっと入社できた会社を辞めることについて、やはり周りからの反対は多く、「忍耐が足りない」、「もったいない」、「夢よりも安定した生活を」「あとで後悔するぞ」など、いろいろ言われてきました。

でも、「やってみよう!」と思ったその時に行動に移さないと、あとで自分が一番後悔すると思ったのです。

他者や社会が望むように無理に頑張って生きたとしても、自分自身が幸せだと感じることはできないからです。

それに、「安定した道」なんて実は世のどこにも存在しないことを考えたら、好きなことで自分らしく生きる人生を送った方がよっぽど楽しいのではないかと。

「楽しい」という気持ちは、悪いことでも後ろめたいことでも何でもなくて、むしろ人生のあらゆる場面にもっともっと取り入れていくべきものだと思っています。

 

3. チャレンジできる環境の整った国オランダとの出会い

私のことをよく知る大学時代の恩師から、個人事業主として海外ビジネスにチャレンジできる環境のあるオランダについて詳しく話を聞いたことをきっかけに、オランダに興味を持ち始めました。

調べてゆくうちに、オランダは個人事業主としての居住許可取得が容易であることや、スモールビジネスに優れた環境、歴史的な日蘭関係の影響から現地人が親日的であること、英語堪能な現地人の存在を知りました。

若者であってもハードルが低く挑戦しやすいこと、そして自分のやりたいことを実現できる可能性がたくさん秘められた場所であることに気づいたのです。

何よりも「やってみたい!」とワクワク楽しい気分になったことを今でも覚えています。

「好きなことで楽しく生きる」ことを人生の目標に、まずは最適な環境が整うオランダにて個人事業主として「ゼロから自分で稼ぐ」ことへのチャレンジを決めました。

 

自分でこうして決めてきた道が正しいかどうかなんて、私もわからないですし、知ろうとも思っていません。

ただ、自分で道を選び決意したからには、本気で取り組んでいこうと思っています。

たとえ失敗をしたって、それも含めて自分の人生に役立つ大きな経験。

ブログを通していつも応援して下さる読者の方から頂いた言葉、

「"取り返しのつく失敗"なんて、それだけでも価値がある」

この言葉は、今の私の大きな支えとなっています。

オランダに来てから3ヶ月が経った今、うまくいくことばかりではありませんが、今はとにかく前進するのみ。

周りへの感謝を忘れずに、毎日を大切に過ごしていきたいです。

 

最後に、私が悩んでいるときにとても支えになった本の紹介をさせてください。

ちきりんさん著の「未来の働き方を考えよう」という本です。

凝り固まってた人生や働き方に関する考え方が、いい意味で崩され視野がいっきに広まった感覚は今でも忘れられないです。

とても勉強になったので、是非この機会に一度読んでみて下さい!

関連の良書はおすすめ本カテゴリーでまとめているので、どうぞご参考までに。

 


    人気記事    

定期的にチェック!今だからこそ持つ自分の強みを知ること

好きなことで稼ぎたいなら「収入源」を増やすべき!そのコツとおすすめサイト10選

海外勤務の仕事を探してる人へ。今すぐ登録したい求人サイトをまとめたよ!


    おすすめ記事ピックアップ    

日本人なら誰でも住める!オランダ移住のあれこれをnoteに書いてます

海外生活に持ってきてよかった!私の持ち物リスト【厳選アイテム】


 - 03. 海外生活, 05. 考えたこと, 11. 生き方・働き方, 生活

  関連記事